お金を価値と結びつける行為

紙幣であるお金って、物質的には、紙に印刷されただけの物だ。
そのまんまだと、価値はない。お金である以上、価値があると信じている人にとっては価値がある。
皆が欲しいと思う事、その欲しがる人が多い事によって価値が成立する。

お金が価値と結びつくのは、その紙幣を使った時に、初めて価値を感じる事が出来る。

つまり、物を買う、サービスの為にお金を支払う。
この時に、イコール=の関係が成立する。
ここで初めて、物の価値、サービスの価値と、結びつけられる。
お金を使う事で、物自体の価値、サービスの価値と、イコールの関係になって、価値を発揮する事が出来るという事だ。

お金自体は、持っているだけでは価値を発揮出来ず、使う事で、価値を発揮する。

つまり同じお金の量10000円を上手に使う事で、より大きくの価値を発揮する事が出来ると言うこと。
同じ物を買うのだったら、ちょっとでも量を一杯買える方が価値を発揮していると言うことになる。

このお金を価値と結びつける行為。つまりお金を実際に使う際、考えておかなければいけないことがある。

お金の使う種別を3つに分けて考える。

消費 これは、日常生活していると、絶対に必要なお金。この消費に関しても、マネージメントが必要。懐以上に使うのは、もってのほか、代替え手段で低コストな方法があれば、そっちを選択すべし。高い物を選択するのは、後で説明する浪費になる場合がある。

浪費 必要としないお金の使い道。他のやり方、物があるにも関わらず、経済的な合理性、説明出来ないようなお金の使い方。これは、心理的、欲しいという欲望で、どうでも良い物を買ってしまったりする。
それが、必要かと言われれば、無くても問題ない場合、このカテゴリーに当てはまる。

投資 お金を増やす為に使う。お金を使って、お金を増やすやり方だ。
これが、資格商売というのが最近あって、資格を取れば仕事があるとか、あるが、よくよく習い事は、考えて行うべき。特に、学習、学校系にそういう傾向がある。

お金を使った場合、記録を残すべきだ。

お金を使う前の記録   予算
お金を使ってからの記録 家計簿

予算は、生活する上での年間に必要な金額がははくできる。
お金を使ってからの記録は、無駄遣い、つまり浪費をしているかの反省材料になる。

浪費家の人は、家計簿をつけず、どんぶり勘定になっている人が多い。
これは、個人以外にも、法人にも言えること。
お金の管理にルーズな人は、信用されないということだ。

パートナーが、お金に細かい場合と、ルーズな場合、どっちが良いか
ただ単に付き合うだけだったら、ルーズな方が面白いだろう。
人生を共に歩むのだったら、細かく管理して、将来困窮する事がないに限る。

計画すると、息苦しい。お金が無くって、困窮するよりは、マシだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です